album

02:上海へ

中国で一番(たぶん)元気な上海。古い街と最新の街が隣り合わせの不思議な上海。
もちろん美味しいものも沢山食べて楽しんだ女子旅(2013 11)

2/28
日本・上海共に晴れ
8時に関西国際空港へ。2月最終日で次の日から料金が変わるためか、はたまた3月1日から液体持込が厳しくなるからか、関空は人がいっぱい。出国手続きに1時間、免税店で化粧品を購入。10時離陸をして2時間ほどの短い機内時間。機内食は今までで一番美味しい・・・かも。かぼちゃのサラダはデパ地下のものみたい。さすが日本の航空会社。
定刻より少し早く上海浦東国際空港に到着。便が重なってしまい、出国手続きに時間がかかるものの、無事に添乗員さんと合流。空港から龍陽路というところまでは磁浮列車=リニアモーターカーで移動。最高速度が430kmぐらいまで出るものの、わずか8分の乗車なので最高速後はほんの数秒。その後は車で一気にホテルへ。約30分ほど。

今回のホテル、錦江飯店に着いて最初に案内をしてもらった部屋は、どうやら掃除か消毒後のようで、ポーターが「臭うから」ということですぐにチェンジしてもらえることに。急遽新しい部屋を用意してもらったので、3人分の用意ができていなかったけれど、これもお願いしたらすぐに用意完了。ここのホテルは快適に過ごせそう・・となんとなく。

一休みをしてこの日は近場を巡ってみることに。旅行はやっぱり街歩きから、ということでテクテクキョロキョロしながら30分ほど歩いて人民広場へ。交通量の多さや、道路横断のキケン性にヒヤヒヤもしながら・・・。途中、公園に寄ってみると聞いたことがない鳥の声。大都会の市内でも公園では少しだけ穏やかな時間が流れていました。
人民公園内の『上海城市企画展示館』は上海都市計画を表した600平米にもなるらしい模型が。

大きさももちろん、「ここまで建てるか」と思ってしまうぐらいのビルの高さ・多さにビックリ。

17時ごろに展示館を出て、初タクシーに乗って(初乗り11元)新天地へ。戦前の集合アパートを利用したショッピングモール。お洒落な雑貨屋さんやレストラン・カフェもあって神戸のモザイクみたい。
晩御飯までの休憩がてらスターバックスに立ち寄る。スターバックスの店員さんは英語が使えるので助かる。晩御飯は新天地内をウロウロして、カップルや仕事帰りの人が沢山入っていた「一茶一坐」という一人鍋のお店へ。

鶏がらスープに野菜たっぷりのお鍋、味噌味の肉そぼろが美味しい。セットで40元。帰り道にコンビニによってお茶を購入。食品店に入るものの、どこも乾物や怪しげなお菓子ばかりを売っていて、買い物はせず・・・。
20時ごろホテルに戻る。0時就寝。

3/1

8時に起床、朝食はホテルのバイキング。鶏の中華粥(ネギ・ザーサイ・干し海老)や点心を食べて朝からお腹いっぱい。10時にホテルを出発してタクシーで豫園へ。20分ぐらいで着いたものの、入り口がわからない。
お土産やさんがぐるりと周りを囲んでいて、その周りをうろうろしていると、いつの間にか裏路地へ。地図も広げられず結局カンで小さな小さな行き止まりの入り口を発見。入園料は30元。

シトシト雨の降る中、ちょうど咲き出した梅も沢山展示されていて、春の様相。その後はお茶屋さんで狙っていたお茶を購入。

次は外灘へ・・・と思っていたけれど雨が酷くて足元はびしょびしょ、地図を見てもあれれ・・・ということでタクシーで移動。川沿いの遊歩道も雨のため人がまばらで、浦東も霧でよく見えない。外灘を3号から18号まで歩いてお昼によさそうなところを探す。
勢いで入った6号辺りの日本(風)料理屋の入り口でメニューを見せてもらい、人もなかなか入っているので決定。豚角煮の釜飯セット(70元)はかなりボリュームもあって美味しい。どうやら上海に住んでいる日本人も来ているみたい。

食後は雨が止んで、南京東路を西へ。デパートに入ってみるけれど特に惹かれる物もなく。薄暗くなるまでぶらぶら。日が落ちてきたころを見計らって再び外灘へ。

雨も上がり霧も晴れて浦東や外灘の夜景がとても綺麗。遊歩道にも観光客が沢山。20時に和平飯店1階のOLD JAZZ BANDへ。肩の力が抜けた音楽とゆるーい空間とお酒でぽわーん。1時間強楽しんでタクシーでホテルへ戻る。
12時ごろ就寝。

3/2
晴れ
昨晩は寝苦しいぐらい暖かい日。7時半起床。今日も朝ごはんはお粥と点心がメインで、あとはなすの炒めたものなど。9時にホテルから浦東のグランドハイアットへ。88階にある展望台へは海外のツアー客でごった返している。

当然のことながら展望台から見える建物は殆ど眼下。遠くの風景は白く煙っている。
その後はグランドハイアット向かいにある陸家嘴緑地という公園へ。のんびりお昼寝をしている人やウォーキングをしている人が。
と、お昼前になるとどこからともなくOLさんや会社員の人がぞろぞろと公園内に登場。どこかにお昼を食べに行くのかなと・・・と尾行してみるとみんな同じ建物へ。
一緒について行って「王朝大酒店」というお店へ。一応メニューは英語でも記載されていたり、若干写真もあるけれど、全然イメージが・・・わかない。カンで注文。
海老の炒め物(香酢?かなにかのタレ)、キャベツの点心(パイみたいにサクサク)、ミンチや野菜などをライスペーパーみたいなもので巾着状に結んだ蒸し物、干し貝柱のチャーハン。どれも美味しい。しかも親切な店員さんが「水果免除」と書いて指差す先には、フルーツのバイキングが(多くのスタッフのうち1人しか英語はわからない模様)あって、どうやらランチ時間は自由に食べられるらしい。少し小さめのマンゴーやメロンを食べてお腹いっぱいに。

お昼の後は徒歩で東方明珠塔の近くまで。お金を払わないと入ることも出来ないため、入り口で記念撮影をする人が多い。
そしてこの塔の斜め向かいにある正大広場というデパートのようなショッピングセンターのようなところへ。映画館や飲食店街もあり、さながら大型ショッピングモールのよう。中にある書店でかわいいジュースメニューのレシピ本を購入しました。そして地下にある食料品店(ロータスだったか・・・)でようやく生鮮食品が置いているお店に遭遇。調味料の種類の多さに唖然。

友人がもう少し買い物したい、ということでタクシーで再び新天地へ。見ることが出来なかった雑貨屋さんも見て、休憩のためオープンカフェでお昼からカクテル1杯と贅沢なひととき。かなり大荷物になってしまった子がいたので、いったん歩いてホテルに帰ることに。その途中、准海中路を通るたびにいつも行列のケーキ屋さん『Lillian Cake Shop』へ チーズケーキを買いに。ワンホール35元。これは今晩のデザートに。

少しホテルで休んで、17時過ぎに晩御飯を食べに出発。予約が必要らしいけれど、していないので早めに行くことに。巨鹿路と富民路の近くにある『康家花園』というレストランへ。早い時間だったのでお客がまばらでどうだろう・・・と思ったけれど、品のよさそうな夫婦が入っていき、カンで(こればかりですが・・・)入ることに。結局15分もすれば店内は満席の大盛況。
予約をしていなかったものの、早かったので入れてもらえる。でもメニューはすべて中国語。漢字とにらめっこして、勢いとカンで決める。
切干大根とクラゲの冷菜、ブロッコリーのカニ身とカニ味噌ソースかけ、鶏とトマト・冬瓜のスープ、レンコンの春巻き、カボチャの点心(中にアンコ)、で最後にスイカが出てきて、お腹いっぱい。どれも美味しくて完食。全部で140元という安さ。

帰りはタクシーでホテル向かいの花園飯店でお買い物。そして8時すぎには部屋に戻ってチーズケーキを完食。ちょっと食べすぎ・・・。明日の準備もあるので早めにお風呂に入ってノンビリ夜を過ごす。0時就寝。

3/3

7時に起床。最後の朝ごはんもお粥。今日はハムのお粥。点心はアンコみたいなものが入った物とネギを練りこんだ物。
いろいろ食べたけれど、上海の味は甘さも濃さも控えめでなんでも美味しく頂ける。お菓子も日本のものよりも甘さ控えめ。
9時半にホテルのロビーで添乗員さんと合流。そして1時間ほどかけて車で浦東国際空港へ。どんどん都会から川の合間に小さな集落がある郊外の風景に変わっていく。
私はこっちの方がいいな・・・穏やかに暮らせそう。10時半には空港へ到着。

人も少ないので、30分ほどで出国手続きも終了。12時半定刻どおり離陸。
今回は映画を見る。機内食はホワイトソースのかかったパスタと焼き豚(変な組み合わせだけど)が美味しかった。
15時半には関西国際空港へ到着。

おいしいご飯をありがとう。