album

10:松山へ

親戚宅へ遊びにいくがてら、初の松山旅行に行ってきました。

松山

そしてどうせ行くなら道後温泉!
温泉といえば山奥で、旅館と温泉街内だけが行動範囲と思いがちですが、道後温泉は本当に松山市中心から数分の
ところにあるので便利!なにより活気があります。
昨年はオンセナートという大きなイベントがあったので、もっと賑やかだったのでは・・・今は蜷川実花の作品が
道後温泉のあちこちに飾られています。
道後温泉は本館が中心にあり、そのまわりの斜面に旅館が建ち並んでいます。

道後温泉
道後温泉
道後温泉

松山市と道後温泉どちらにも多いのがくだもの屋さん。 その時々の季節の果物、主に柑橘類を取り扱っていて、その場で絞ってジュースでも頂けます。 夏は清見タンゴールと河内晩柑がシーズンとのこと。どちらも飲んだのですが、清見はオレンジのような甘さが、 晩柑はさっぱりとしていて、はっさくのような爽やかさが楽しめました。

他はやはり海の幸が豊富なので、じゃこ天、鯛めし、しらす丼などが間違いなく美味しいです。
本当はもっと道の駅など産地直結のお店にいけば安く食べられたかも。

2日目は親戚を訪ねる為、特急に乗って八幡浜へ。
愛媛は松山市近郊は私鉄が、遠方はJRが通っています。
といってもなんと普通電車にあたるものが1時間に1、2本。特急も1、2本。しかもルートが違うので
乗り間違いや時刻には要注意です。今回は特急であっという間に西側へ。
普通電車のルートは、今人気の「伊予灘ものがたり」という観光列車が週末に走っています。
また来た時は是非乗ってみたいものです。

愛媛で買いたかったものはぶれなく、タオル・柑橘・一六タルトと坊ちゃん団子・砥部焼だったので、
そのお店めがけて向かいます。
砥部焼は白い素地でちょっと厚め、ぽってりとした形がなんともほっこりする器。
くわらんか茶碗という普通のお茶碗よりも
すこし縦長のお茶碗を購入しました。タオルは様々な商品が並ぶ伊織にて。
こういうオシャレ系地場産ショップが本当に増えました。

美味しいもの、買うべきもの、見るべきところがとっても分かりやすくて、どれも間違いない安定の愛媛でした。